ニュース

  • HOPU-ARMイノベーション・ファンドよりCラウンドの投資で、智行者は数十億円の資金調達ができました。記事 by 36Kr Japan
  • 5G回線を利用して車の遠隔操作に挑戦、詳細へ
  • 無人掃除ロボットRC1がゴミを分類することができるようになりました。
  • 屋外用自動消毒ロボットが日テレNEW24のニュースに取り上げられた、動画①動画②
  • レベル4の実用的な自動運転技術を日本国内での展開を開始しました。
  • 令和2年4月1日、智行者と販売契約を提携しました、当サイトのドメイン、idriverplus.jpはメーカーの許可を得て取得をし、情報公開を開始しました。

Recognition

高速自動運転技術の中で最も難しいのが認知するという機能、人間のドライバーであれば、視野に入っている歩行者の表情やしぐさを読み取り、歩行者の意向、動きを予想することができます、しかし、それをコンピューターが行うとかなり難しい、表情や動きを視覚センサーで読み取り、分析をするのに、非常に速い画像と映像の処理速度が必要です、通信技術とハードウェアの進歩でいずれ実現可能になりますが、高速自動運転の技術は完璧なシステムを構築できるまで、もうしばらく時間がかかるであろう.

自動運転における認知

Practicality

時速15キロ以下の自動運転ならば、智行者が開発した自動運転技術システムで十分に対応できる分野がいくつがあります。例えば屋外の業務用自動掃除ロボットRC1、街中で配達する自動配送車AC1、智行者は自動運転技術を応用した実用的な製品を開発し、量産した会社であり、中国企業百度(baidu.com)、JD(jd.com)などからの投資を受け、現在RC1とAC1の量産体制が出来ています。

自動運転の実用性