実用的な自動運転技術

we need it 。

2019 FUTURE INVESTMENT INITIATIVに招待され、自動運転技術を披露したところ、満場一致で言われた言葉

独自の無人運転OS、AVOS(Automated Vehicle Operating System)は視覚センサー、ライダー、ミリ波レーダーなどのマルチセンサーの構成と情報融合を柔軟に実行でき、ディープラーニングとベース情報のミキシングで、車両の動的ブレーキおよびステアリングシステムに安全かつ快適な制御モジュールを提供するコアなアルゴリズム

強力なサポートチームは自動車自動運転技術の開発を深く理解しており、無人運転技術の実用化にいち早く着手をしました。メンバーは、自動車、エレクトロニクス、インターネット、AI、製造などの分野で経験豊富なスタッフを集め、精華大学のメンバー以外に、百度やテスラ自動車からも人材が合流しています。

2018年の時点で130万キロ以上の無人運転テストのデータを蓄積しており、その後も試行運転で継続的なデータ収集と製品の普及により、運転データはさらに増加し​ています。アルゴリズムの改善や修正には最も重要なソースである。膨大なデータによるアルゴリズムの絶えずの修正や向上は自動運転のレベルアップに最も重要なことである。

豊富な開発経験、多くの有名企業とコラボレーションをし、自動運転技術を提供をし、製品化しています。中国国内では最も多い自動運転技術サービスプロバイダーの1つになりました。また、低速自運転技術の製品化に関しては、自動掃除ロボットと自動配送車の量産が実現しています。

2019- 200人以上の会社に成長しました

量産製品

自動掃除ロボットRC1

屋外自動消毒ロボットDR1

自動運転車AC1

 

 

2018- JD.COMとの業務提携

JD.COMより投資を受け、自動配送車AC1の量産を開始しました。実際の配達に使用されました。

2017 - 百度(バイドゥ)より投資を受け、自動配達車を量産可能に

LADS、低速L4自動運転技術を搭載した配達車

Velodyne Lidar を採用した業界随一の感度の高いLiDarセンサー

百度のAPPOLO事業部から投資を受ける

2016.04:自動車メーカーと共同開発した自動運転車、10日間無事故
無人運転技術で受賞

自動運転技術ーペガサス

 

2015.05:会社設立

2015.08:北京中関村(北京シリコンバレー)の注目企業に